10月 15

au(INFOBAR A01)とSoftbank(iPhone4)のスループットを比較してみた。

 

KDDIとSoftbankで同時にiPhoneが発売されて、やれどっちが早いだの比較されてますが。

Softbank iPhoneは規格上HSDPAの14.4Mbpsに対応、au iPhoneはEV-DO Rev.Aで3.1Mbpsという理論値を持っています。ここだけで比較すれば「Softbank圧勝www」となるわけですが、実際はそうでもないわけで。

理論値なんてもともとでるわけないんです。

理論値の速度が出ない要因は・・・例えば、

  • 基地局配下にユーザーが集中する
  • 同じ基地局配下のユーザーが同時に通信をする
  • 有線区間の帯域が細い
  • コア側の帯域が細い
  • 受信・送信状態が悪い

などなど。

そもそも、

・理論値がペイロードのスループットではない

ため、最高に条件が良くても理論値の80%ぐらいしか出ないのが実際かと思われます、

 

で、実際どうなんだと。

結構いろんなひとが単発で2台ならべてテストをやっているようですが・・・
単発のテストでは無線条件、計測を開始したタイミング、混雑度、テストサーバーの状態などなど変化するため、一回の計測だけで「au圧勝ww」とか「Softbank圧勝www」とかいうのもなんだと思うわけです。

そこで、今所有しているauのINFOBAR A01と、Softbank iPhone 4のSpeedtest.netの計測履歴がいっぱいあったのでそれをグラフ化してみました。

条件はこんな感じ。iPhone 4sのスペックとは差異がありますので、ご参考ということで。
通信規格のみで言えば、iPhone4S同士の比較よりもauが有利な結果になるはず。

■機種
INFOBAR A01(CDMA2000 EV-DO MC Rev.A(DL:9.2Mbps/UL:5.5Mbps))
iPhone 4(W-CDMA HSDPA cat.8/HSUPA cat.6(UL:7.2Mbps/UL:5.7Mbps))

※iPhone 4S au:(DL:3.1Mbps/UL:1.8Mbps
iPhone4S softbank:DL 14.4Mbps/UL 5.7Mbps
なので、端末スペックには差異があります。 ※

■測定条件
きまぐれ。au 30回、Softbank 90回分のSpeedtest.netアプリのログを使用。
特に同時測定を繰り返したわけではなく、数カ月分のログ。

■測定箇所

主に首都圏

■結果

まずはテスト結果を速度降順にならべたもの。単位はkbps

・Softbank

downlink
平均値
1166.90 uplink
平均値
726.04
downlink
中央値
653.00 uplink
中央値
473.00
downlink
最大値
4903.00 uplink
最大値
2973.00
downlink
最小値
0.00 uplink
最小値
0.00

 

 

・au

downlink
平均値
1721.21 uplink
平均値
649.47
downlink
中央値
1251.50 uplink
中央値
379.00
downlink
最大値
4197.00 uplink
最大値
1694.00
downlink
最小値
139.00 uplink
最小値
3

 

標本数に差異があるのはご了承いただきたいのですが、
auもSoftbankも出るときは出ているな、といったところでしょうか。
ただし、Softbank側はグラフの右側に低速な結果が集中しているようにもみえます。

DLに関しては中央値・平均値共にauが高速。

次はヒストグラム。オレンジがau・シルバーがSoftbank。

・downlinkヒストグラム

 

・uplinkヒストグラム

DownlinkのSBをみると、0-200Kbpsに14%が集中している。7回に1回は200kbpsのDLしか出ていない。
灰色のバーが低速側に集中しており、今回の測定ではスループットが悪い回数が多いことがわかる。

次は累積百分率グラフ。

・downlink

 

・uplink

 

見方・・・たとえば、50%のラインを見れば、今回の測定で二回に一回はこの速度以下しか出てないことがわかる。(2こまえの中央値と同義)
50%ライン:
au :1200-1300kbps
SB:600-700Kbps

となる。

右にいく程山が高くなっていくが、高くなるのが遅ければ遅いほど高速な通信が安定的にできるということ。

■まとめ

あくまで違い機種での測定結果なので、これで早いだ遅いだということを断定することは避けたいが。

下り:softbankは低速域0-100kbpsが7%存在。さすがにこの速度だとストレスを感じるレベル。一方auは0-100kbpsのサンプル数は0。SBは1Mbps以上の通信は5回に2回位。auは5回に3回くらい。

上り:両者ともにあまり差異なく1Mbps以下で安定。最高速についてはSoftbankの3Mbpsに軍配。

あくまで機種違い・環境揃えず・サンプル数に差異があるので、この結果をどう見るかは、おまかせで。

7月 07

SIMロック解除で思うこと。

昨日、2010年7月6日、docomoがSIMロック解除が可能な端末を2011年より発売するという報道がありました。

SIMロックと影響の受ける範囲を説明しつつ、思う事を。

SIMとは.着脱可能なユーザー識別カード。

現在発売されているケータイにはいずれもSIMカードと呼ばれる、指先大のICカードを搭載しています。このカードにはユーザー/事業者の識別番号などが記録されていて、このデータを元に携帯電話網での認証をおこなうことで、はじめて電話やインターネットを利用できるようになります。

利用者はカードを差し替えるだけで、違う携帯電話を利用できるわけです。
たとえば、電池がなくなってもほかの人のケータイに自分のSIMを刺せば、自分の番号で、自分の支払いで電話をすることができます。(auを除く)

他のキャリア(通信事業者)では繋げない設定・SIMロック

現在の携帯電話で利用されている規格は国際統一規格であり、同じ規格を使っているキャリア同士では、世界的に相互接続が可能、となっています。

ただ、いろいろな大人の事情により、端末側で他キャリアのSIMカードを受け付けないように意図的に設定されていることがあり、これを俗にSIMロック、と呼びます。

docomo端末にsoftbankのSIMカードをさしても使えない、というのが身近な例になります。これは、使っている規格が2社で同じであるにもかかわらず、他キャリアのSIMカードを受け付けない、という設定になっているためです。

そう簡単には繋がらない

同じ規格ならカードを差し替えただけで使えると言いましたが、ここが非常にネックで、差し替えただけで使えるのは、「周波数帯が同じ」で、「通信規格が同じ」時に限られます。

この条件を満たすキャリアは日本ではソフトバンクモバイルとdocomo、emobileとdocomo(?)の間のみ、となります。

Career name Technology band
docomo W-CDMA 800MHz,1700MHz,2100MHz
au cdma2000 800MHz, 2100MHz
softbank W-CDMA 2100MHz
e-mobile W-CDMA 1700MHz

他のキャリア間では利用規格や周波数が違うため、繋ぐ事ができません。

今回の発表では

今回のdocomoの発表では来年より、この違うキャリアのSIMカードを刺したときに使えなくする、「SIMロック」を解除することに「対応した」端末を発売する、というものです。

おそらく利用者は、いくばくかのお金を払うことによって、docomoの端末をどの会社のSIMカードをさしても使える状態に変更することができるような仕組みが用意されると考えます。

ユーザーメリットは

違うキャリアのケータイを使える。

今回の発表では、docomoの端末をsoftbankで使える様になるというだけですが、この流れにsoftbankも逆らう事はおそらくできないため、softbankの端末をdocomoでも利用できるようになる、と考えられます。

ただ日本のケータイの多くは、独自サービスを提供している部分(iモードメール、iチャネル、Y!ケータイなどなど)が大きいため、最悪電話以外利用出来ない可能性もあります。

しかしながら、所々でいわれているように、iPhoneやXperiaのような国際展開を意識した端末はキャリアに依存する独自仕様が少ないため、SIMカードの差し替えですべての機能を使える可能性が高くなります。

但し、SIMロックの解除はキャリア側の任意なので、iPhoneだけSIMロック解除できない(させない)という事も十分に考えられます。

海外キャリアのSIMで日本のケータイが使える

いままでdocomoでしか使えなかった端末のロックを解除できることで、softbank網で使える様になる事はもちろんですが、同じ規格を使う世界のキャリアでもdocomoのケータイを海外のキャリアと契約してつなぐことができるようになります。

期待する事

独自仕様無しでもそれなりに動く端末が増える

僕が期待するのは、ほかのキャリアで日本のケータイが使えるようになる、という事実よりも、ほかのキャリアで使われることを意識した端末作りが行われるようになる、という面です。

i-modeメールなどの独自仕様がなくなる事はないと思いますが、他キャリア利用時にでも使えるメールや、ブラウザ、サービスが充実する、SIMロックの解除、つまり他社・海外のネットワークで思量されることを意識した端末作りが一般的になる事に期待しています。

このことで他キャリアで端末が利用できるだけでなく、海外でも日本の端末を不自由なく使う事ができ、日本のケータイを国内仕様のまま容易に輸出する事ができるようになります。企業として積極的に輸出しなくても、秀でた端末ならば個人輸出などで広まる事も考えられます。

iPhone以前では海外のケータイユーザーが日本のケータイを羨ましく見ている状況もありました。「何で日本のケータイはこんなに美しいのにSIMロックがかかってるんだ!」と嘆いている変態外国人に会ったこともあります。w

こんなかんじで、またいろいろ面白くなりそうな2011年です。

5月 23

オーストラリアでSIM FREEの3g-wifiルーター(E5830)をつかってみた。

_MG_9150 

先日オーストラリアに行ってsimfreeケータイを使ってみたので、アクティベーションや利用についてちょこちょこと。

使ったケータイはこちら。

20100523005404

E5830 Huawei製の3G/GSM-Wi-Fiルーターです。音声通話はできない端末。パケット通信のみ可能で(厳密にはSMSも受信できるのでCSもつながってますが)、Wi-Fi機能もあり、wifi接続可能な端末(ipodtouchとかがよく例に挙がる)をどこでもネットにつなげることができるスグレモノ。日本ではPocketwifiの名称で販売されている。

海外で持ち込みのケータイを使うための4ステップ

  1. 持ち込むケータイの対応周波数とその国の利用周波数を調べておく(特に3Gで使いたい場合)
  2. その国のSIMカードを入手する(Prepaidが一番容易に手に入る)
  3. SIMカードをアクティベートする
  4. MMS/WAP(WEB)を利用するためにAPN情報を入力する

この4ステップを踏めば海外どこでもケータイ・ネットにアクセスできる幸せな旅行をおくれること間違いなし。

ということでこの4ステップに照らし合わせてオーストラリアでのケータイ利用記を。

持ち込むケータイの対応周波数とその国の利用周波数を調べておく

オーストラリアには現在、4つのキャリアが存在して各々以下のような周波数で3Gを運用しているようです。ケータイ、といっても通信方式はおおきく3種類、使われている周波数は無数に存在します。ただ、最近の端末はデュアルバンド・トライバンド・クアッドバンド対応など、多くの周波数に対応していて、あまり気にする必要もないかもしれません。

この辺を見ると渡航先の周波数がすぐわかったりして便利です。

http://gsmworld.com/roaming/gsminfo/index.shtml

 

んで、今回持ち込むE5830は、GSM900/1800、UMTS2100MHzのみ対応なので、850M主力らしく2100MHzの人口カバー率が50%だというTelstraではあまり使えないだろう、ということに。

本当はTelstraなら確実に実績もありそうなので(http://goronpa-weblog.blogspot.com/2010/02/unlocked-sim-iphoneau-telstra-pre-paid.html)安心だったんですが、周波数の問題があるのでOptusを使うことに。

確実にtelstraのほうが容易そうなので850MHz対応機をもっている方はTelstraでの運用をお勧めいたします。エリアも広いとか。

その国のSIMを入手する。

オーストラリアでSIMを入手するには一切困難なことはなく。そこらのコンビニでもどこでもうってます。カウンターの後ろにおいてあったりするので、「それちょーだい!」って言えばもらえると思います。大体30$程度。

で、今回はアクティベーションの仕方とかもまったくわからないので、モールにあるケータイやさんへ。閉店間際に言ったので若干いやそうな顔されつつ。

ちゃ「アクティベーションの仕方わかんないんだけど手伝って!」
店員「ネットでできるから自分でやって」
ちゃ「ネットない!」
店員「あそこにネット端末2$で使えるからそれつかってちょ」

店員さんツメタイワ。。。

 

SIMをアクティベートする

20100523010104 

てにいれたSIMパック(30$)に入っていた冊子。

20100523010200

中にSIMカードが入っているのでぺりぺりとはがします。

んで、

http://www.optus.com.au/activate/

へアクセス。

全部英語ではありますが、適当に従っていけばわからなくても何とかなると思います。

そもそも、アクティベーションは電話でもできるんですが、今回の端末がwifiルーターなので、通話が不能なもんで。電話が可能な端末/言語に堪能な方は余計な登録も必要ないので、オペレータと会話してアクティベーションしたほうが格段に楽なはず。

ってことで、ケータイでネットをするためにネットにつなぐという鶏か卵かみたいなことをする羽目に。ホテルで5$でネットを借りて。(店員さんにあくティベート!アクティベート!とかなきつけばやってくれる気もする)

冊子に書いてある番号を入力することでアクティベーション画面へ移行できます。住所、電話番号等が必要だったので渡航先の住所にしておきました。(すいません)

音声通話をメインとしたプリペイドSIMなので音声通話無料とかいろいろついてるプランしか選べず、「Turbocap 30」とか言うのを選んでみる。
(実はデータ通信専用のPrepaidがあることが発覚。こいつがあれば。。30$であるそうなので店員さんに聞いてみてください。)

アクティベーションが完了すると、SMSで自局番号が届きます。現地で電話をしたりメールをするだけであればこれだけでも十分です。

しかし、今回はネットにつなぐことが目的なので続きます。Turbocap 30を使っているままだと、データ通信が$1.32/60KBかかってしまうので一瞬でチャージがなくなってしまう。そこでデータ専用のオプションを10$でつけることに。

リチャージや、オプションの追加にはMyOptusというアカウントサービスに登録が必要。
My docomoとかMy Softbankとかそんなのと同じやつ。 (電話でも可能)

http://my.optus.au.com/

SMSを受信できる環境にしておかないと、登録アクティベーションコードの受信ができないため先に進めなくなります(E5830の場合PCにつながないと見れないので苦労。。)

選んだオプションは10$ Revup 200MB Data Optionというやつで、10$のリチャージを200MBのデータ通信に利用できるというもの。クレジットカードか、お店にうってるTop-Up用チャージカードで利用可能です。20$払えば500MBのオプションもあり。

今回のことを教訓とすると、「データ専用のprepaidください」というか「音声ようのSIMカードに10$のtop-up Dataをつけてくださいな」といって「アクティベーションやってください」って泣きつくのが一番手っ取り早いと思います。

MMS/WAP(WEB)を利用するためにAPN情報を入力する

最後に。その国でネットにつなぐ、パケット通信をするには、APN(Access Point Name)と呼ばれるアクセスポイント名、ユーザー名、パスワードを知っておく必要があります。

日本のケータイを使っている分には意識することはありませんが、もちろん日本の各キャリアにもAPNが設定されています。

だいたい、"APN キャリア名"とかでぐぐれば出てくるので、そいつを使うことになります。ケータイ側のどこかに入力できる場所が必ずある場所なので、そこにぐぐった情報を入力します。

optusの場合は、

APN:internet
ユーザー名:空白
パスワード:空白

で接続可能です。

最後に

たった3日間の期間だったんですが、10$のチャージがそこをつき、合計300MBも使ってました。なんでだろう?PCつけっぱにしてたからな予感。。かかったお金は50$。本当は30$ですんだはずだったけど。。

wi-fi経由でどこでもネットにつながるので、iphoneで地図みまくり、Skypeで日本に電話しまくり、検索しまくりの幸せな海外旅行でした。自分の場所、場所の情報がわかるだけでこれほどにも行動範囲が広がり、ぱっと行きたいとこに行けるもんだとは。

ちなみに日本にもって帰ってくると、OptusにNTTdocomo経由でローミングするという不思議な感じになります。

YES!OPTUS.

20100523021256