Jawbone Icon “the coolest BT headset I’ve ever had”

Jawbone IconというAliph社製bluetooth headsetを購入してみたので

http://us.jawbone.com/productsPageIconWhatsNew.aspx
Jawbone Icon

簡単にご紹介。

まずパッケージングから。
このパッケージングがかっこいい・かつ非常に判りやすい。

包装にコストがかかっていない商品が最近多いですが、
このままディスプレイしてもいいレベル。


パッケージのシールをはがしてふたを開けると、
イヤホンのラバー部分の選択しが提示され、

全部展開するとこんな感じ。

ふたを開けるたびに情報が展開されていって、
あける楽しみがすごく大きいパッケージング。

■spec

  • 連続待ち受け時間:10日
  • 連続通話時間:4.5時間
  • 重さ:8g
  • マルチポイント接続:○
  • 対応プロファイル:HSP,HFP

■good point!
・headsetが喋る
電話がかかってくると”calling from 090xxxxxxxx”、電池残量を”about x hours of talk time remaining”といった感じで、ただの音声をスルーするだけでなく、付加情報を音声でアナウンスしてくれる。
こいつが無駄にかっこいい。

・骨伝導によるノイズキャンセリング

圧倒的な環境ノイズ低減。ヘリや戦車内など、戦場を想定されて開発されたノイズキャンセリング技術を搭載。
頬の振動により発話していることを認識するため、他のノイズキャンセル技術に比べ性能が高い。

・iPhoneでheadsetの電池残量が把握可能

iphoneの右上にインジケーターが追加される。このメーターを確認すれば、headsetの電池残量を確認することが可能

・音声レベル自動調整
周囲の環境ノイズに応じてheadsetの音量を自動調整する。

・ファームウェア更新
案内音声の声、ボタンを押したときに動く機能の変更などがUSB接続によって可能な模様。

■実際に使うと

・装着感

フックなしの状態で使っているが、装着にストレスもなく違和感もない。良好

・音声品質

まだめちゃくちゃ騒音の強い環境に行っていないのでなんともいえないが、通常の通話音質はよい。

■まとめると

今までの普通なBT headsetはただ音声をやり取りするマイク・スピーカーの役割しか果たしていなかったが、”The World’s First Intelligent Headset “といううたい文句のとおり、音声アナウンスや、ワンタッチボタンで動く機能の変更など、わずかならがカスタマイズができるようになっている製品。そし て、肝心の音声機能も”Intelligent”な内容になっていて、音量の自動調整、頬の振動を検知するノイズキャンセリングなど、ほかのBT headsetにはないか、あまり搭載されていない先進的機能を搭載している。物理的な装着感も良好、ペアリングが容易、基本的な部分も押さえている非常 によいBT Headsetだと思う。ただひとつ足りない機能といえばA2DPプロファイルへの対応ぐらい?ファームウエアアップデートでの対応もあるとか、ないとか。

■誰かのちゃんとしたレビューとか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>